千葉県立美術館 | 教育・研究 | 教師のためのアートガイダンス

千葉県立美術館

教育・研究

千葉県立美術館の教育普及プログラム

教師のためのアートガイダンス

  • この企画は、先生方に美術館にきていただき、日頃はみられない美術館の裏側を歩いてみたり、展示されている絵画や工芸作品の見方を学習したり、簡単な創作体験をしたりしながら、授業に役立つ「何か」をつかんでもらおうという企画です。
    申し込み方法は、毎年、夏休み前頃各学校あてに、実施要項と参加希望用紙を送らせていただいておりますので、それを見てお申し込みください。内容は毎年変わります。

    なお、第1部、第2部は同じ内容で実施します。

  • 過去の内容
    ◎実施日 7月下旬〜8月頃
    ◎時間 第1部 9:30〜12:00 第2部 13:30〜16:00
    ◎場所 千葉県立美術館
    ◎定員 第1・2部各50名程度
    ◎日程 1.受付
    2.全体会(美術館で行っていること、利用法などを説明します。)〔約30分〕
    3.コース別研修
    コース別研修
    1. 1) 館内見学・鑑賞コース

      講義「鑑賞教育の考え方と方法」(絵画を見ながら、その背景となった文化や感覚を考えます。)〔約30分〕→バックヤード見学(空調設備などの見学)〔約20分〕→館内展示見学(展示室で解説を受けながらの作品鑑賞)〔約60分〕→質疑応答〔10分〕→解散

    2. 2) 館内見学・一日学芸員体験コース

      一日学芸員体験の概要説明〔約10分〕→バックヤード見学(空調設備などの見学)〔約40分〕→学芸員体験(当館職員の指導で掛け軸、陶器の扱い方、紐のかけ方、保管方法などを学びます)〔約60分〕→質疑応答〔約10分〕
      →解散

    3. 3) 創作体験コース

      館内展示見学(展示室で解説を受けながらの作品鑑賞)〔約10分〕→創作体験(当館職員の指導で、ワークショップ等で好評だった創作内容を体験します)〔約100分〕→質疑応答〔約10分〕→解散

      ※コースが変更となる場合もあります。

  • 概要説明 館内見学 資料取り扱い 創作体験

△ページのトップへ

千葉県立美術館のサイト情報など