千葉県立美術館 | 教育・研究 | 連携モデル校事業

千葉県立美術館

教育・研究

千葉県立美術館の学習支援プログラム

連携事業

  • 学習支援プログラム連携モデル校を募集します。学習支援プログラムを複合的に活用してともに美術教育に取り組んでいただける学校を募集します。年間計画を立て、出張鑑賞教室や、美術館における鑑賞学習・創作体験などを実施しながらアイデアや意見を交換し、双方の学習プログラムの改善に繋げていきたいと考えています。

  • 平成23年度連携モデル校 千葉市立磯辺第一中学校

    平成23年度の連携モデル校は、千葉市立磯辺第一中学校です。内容は地域で開催されるアートプロジェクト「創造海岸アート祭り 美浜誰でもアーティスト」の一環として、全校生徒が制作した作品によるインスタレーション展示を、県立美術館で行いました。また、この展覧会は美術部員が実行委員となって、中学生自らがキュレーションしました。

    平成23年度連携モデル校 平成23年度連携モデル校 平成23年度連携モデル校

    博学連携×地域連携で、美術をとおして社会とかかわる

    今回の取り組みでは、地域のアートプロジェクトと連携するので、県立美術館の学芸員以外にも、地域で活躍するアーティストや、千葉大学の先生や学生、プロジェクトを運営するNPOの職員、市民ギャラリーの学芸員の方々と交流を持つことが出来ました。特に、地域アーティストのアトリエ訪問では、プロの表現者から、作品を作り、発表することの意義や心構えを深く学ぶことが出来ました。自分達の住む地域で開催されるアートプロジェクトに、主体的に参加することで地域の魅力や可能性を再発見するきっかけづくりができると考えます。

    博学連携×地域連携 博学連携×地域連携 博学連携×地域連携

  • お申し込み・お問い合わせ

    連携モデル校事業は、完全にオーダーメイドの連携となりますので、事業計画の打ち合わせも時間をかけて、何度も行いたいと考えています。即実行ができない事業ですので、早めのご応募をお願いいたします。

    ■お問い合わせ先:千葉県立美術館 普及課
      〒260-0024 千葉市中央区中央港1-10-1
      ・Tel:043-242-8311 ・Fax:043-241-7880

△ページのトップへ

千葉県立美術館のサイト情報など