千葉県立美術館 | 千葉県立美術館友の会 | 美術鑑賞の旅

千葉県立美術館

千葉県立美術館 友の会

美術鑑賞の旅

旅行が楽しみで友の会に入会されている会員の方もいらっしゃるほど、ご好評をいただいて いる恒例行事です。
平成27年度≪美術鑑賞の旅≫の参加募集の詳細については会報「しおさい」にてご案内する予定です。
 平成26年度は、11月5日(水)午前に東京都港区六本木の国立新美術館、目黒雅叙園でのランチタイムを挟み、午後は目黒区美術館の展覧会を 鑑賞しました。

見学先紹介(平成26年度)

国立新美術館(午前)

平成19年に開館した国立の美術館です。
今年は印象派関連の企画展が開催されており、今回は日本で初めて展示されるチューリヒ美術館展です。 「チューリヒ美術館展-印象派からシュルレアリスムまで」と題して、モネの幅6mを超える初来日の大作『睡蓮の池 夕暮れ』をはじめ、シャガール、ホドラー、クレー、マティス、ピカソ、ミロといった20世紀を代表する作家の代表作70点あまりがご覧いただけます。

目黒区美術館(午後)

緑豊かな目黒区民センターの一角に、昭和62年に開館した美術館です。
「ふたつの時代-所蔵品でたどる『パリの日本人』」(企画展第一部 フジタのいる街角-巴里の誘惑、1910〜30年代)と題して、藤田嗣治が渡仏した当時すでにパリに居た安井曽太郎、梅原龍三郎の作品の他、フランス滞在中の藤田とその周辺の作家(高野三三男、小柳正、岡鹿之助)の滞欧作品をご覧いただけます。当日は、目黒区美術館学芸員によるギャラリーツアーをお楽しみください。

日時と申込方法

開催日  11月5日(水)
集合場所 県立美術館
集合時間 午前8時30分
参加費用 7,500円(バス代・昼食代・入館料等)
募集人数 40名(先着順)
申込方法 往復ハガキに住所・氏名・会員番号・電話番号・年齢をご記入の上、友の会事務局までお申し込み下さい。定員になり次第締め切ります。
*11月1日(土)以降のキャンセルの場合、入場料を除き、目黒雅叙園中華飯店「旬遊紀」事前予約の都合上食事代を含めて料金を頂きます。なお、代替参加も可能です。
千葉県立美術館友の会事務局 〒260-0024千葉市中央区中央港1町目10番1号

△ページのトップへ

千葉県立美術館のサイト情報など