千葉県立美術館 | 企画

平成22年度企画展   不破 章展   旅・ひと・自然−水彩画の即興詩を歌う  

不破章(1901〜1979)は、水彩画家・大下藤次郎に憧れて水彩画家を志します。
日本水彩画会で石井柏亭に師事し、日本水彩画会展、帝展、日展、一水会展等で活躍しました。
水彩画について不破は、「私は透明に描くことによって油絵にない美しさを得られるものと思っている」と語り、
身近な生活の描写から、国内外の人々の暮らしや風景をそこに住む人々の目線で描きました。
優れた色彩感覚で透明水彩の特性を生かした、不破の初期から晩年までの水彩画約70点を紹介し、
50余年にわたる画業を振り返ります。

展覧会チラシ

美術講演会

ミュージアムコンサート

ギャラリートーク

企画展スペシャルワークショップ にじいろパレット

入場料

△ページのトップへ

閉じる