お知らせ一覧

平成29年度企画展 「農具―秘められた技―」のお知らせ

2017.9.28

 

 上総では明治期より、君津市の亀山地方を中心に唐箕が生産され、関東一円に販路を拡げていました。また、南房総市の古宮家では、江戸時代から木挽きのかたわらで農具を作り始め、明治期から本格的に農具生産にあたり、唐箕や万石などを作ってきました。
 本展覧会では、房総のむらでの唐箕製作技術の調査などをもとに、県内をはじめ関東全域に広がった千葉県内で作られた木製農具と、そこに秘められた技術などを紹介します。

 

 

期日    平成29年10月7(土)〜11月26日(日)

開館時間 9時〜16時30分

入館料   一般300円(240円)、高大150円(120円)
       中学生以下及び65歳、障害者とその介護者1名は無料  
       ※( )内は、20名以上の団体料金
       

会場    千葉県立房総のむら(風土記の丘資料館)

 

「農具―秘められた技―」 チラシ両面(PDFファイル)

 

 

 

 

 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp