ロケポイント情報

商家の町並みと建物を御紹介します。

商家の町並み

商家の町並み

商家の町並み

成田山門前の旅館の外観を再現した「総屋」のほか、13棟の建物があります。雨樋は着脱式になっているほか、放送設備や園路灯も可倒式になっています。

 
夜の町並み

夜の町並み

夜間は、完全に照明を落とすことができます。ヌケにも照明は写り込みません。

 
店構え

店構え

個々の建物は、それぞれ異なった外観です。その店の取り扱う商品に応じた店先の造りになっています。通常は、当館の事業を行っていますので、日程の調整が必要です。

 
 

総屋

総屋

総屋

商家の町並みで一番大きな建物です。屋根は銅板葺き、2階には高欄が付いています。ガラス戸は障子に入れ替えることができます。

 
2階

2階

「総屋」2階は、30畳の畳の間と、板の間があります。2階へは、2か所の階段で上がります。

 
格子窓

格子窓

 「総屋」の外観は、ガラスの引き戸になっていますが、障子に入れ替えることができます。格子窓もあります。

 
 

店内>

そば屋(いんば)1階

そば屋(いんば)1階

そば屋(いんば)は、そば屋として営業しています。営業時間は、11時から13:50です。

 
めし屋(かどや)1階

めし屋(かどや)1階

各店先は、それぞれの店に合わせた調度があります。帳場や、鍛冶炉の設えや、天水桶、縁台を置いています。また、床も畳と板張りがあります。

 
めし屋(かどや)2階

めし屋(かどや)2階

2階は、和室となっています。

 
 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp