ロケポイント情報

上総、下総、安房の農家、文化財に指定されている、旧御子神家住宅、旧平野家住宅を御紹介します。

上総の農家

上総の農家

上総の農家

屋敷地の南に長屋門が位置しています。屋敷地南側には、畑が広がっています。屋根は茅葺きで、屋敷地を取り囲むように生垣が巡っています。

 
母屋

母屋

「母屋」→「主屋」
 一部2階建ての主屋です。土間にはカマドが設置され、火をおこしています。土間に接する板の間には囲炉裏があります。

 
庭

主屋2階から見た庭です。

 
1階板の間

1階板の間

土間に隣接する板の間です。写真では、囲炉裏を囲むようにゴザが敷いてあります。

 
2階板の間

2階板の間

主屋2階の板の間です。梁までの高さは低く、大人が立って歩くことはできません。

 
母屋東側

母屋東側

「母屋」→「主屋」
主屋東側は、畳の間が2室あり、庭に面して廊下があります。

 
 

下総の農家

下総の農家

下総の農家

南及び東を畑に囲まれ、西及び北は林になっています。屋敷地は、南面に長屋門が配置され、周囲を低い生垣が巡っています。

 
板の間

板の間

主屋の土間に隣接して板の間があります。壁は板の化粧で、部屋の北西隅に床の間があります。

 
畳の間

畳の間

主屋には畳の間が2間あります。写真は奥の間で、北側の壁に床の間と仏壇があります。

 
土間

土間

板の間から土間を見た写真です。土間にはカマドが設置してあります。

 
糸

下総の農家には、機織り小屋があり、機織りで使う草木染めの糸を干しています。

 
 

安房の農家

安房の農家

安房の農家

房総のむらの一番北側に位置する農家で、上総の農家、下総の農家と比較してこぢんまりした屋敷地となっています。主屋以外に、馬小屋、灰小屋があります。

 
安房の農家

安房の農家

安房の農家南側は、畑になっています。写真中央の白い部分は園路で、安房の農家をヌケに使うことができます。

 
板の間

板の間

主屋は東西に2間続いて板の間があります。東側の部屋は囲炉裏が切ってあります。

 
板の間

板の間

西側の板の間から東側の板の間を見た写真です。囲炉裏は、東側板の間のほぼ中央にあります。

 
 

民家

旧御子神家住宅

旧御子神家住宅

重要文化財に指定されている農家の建物です。建物東側に土間、西側に座敷があります。

 
旧平野家住宅

旧平野家住宅

県指定有形文化財に指定されている農家の建物です。旧御子神家住宅と同じく、東側に土間が、西側に座敷が配されています。

 
旧平野家住宅板の間

旧平野家住宅板の間

建物東側の土間から板の間を見たところです。床の光沢は、本物ならではの艶です。

 
 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp