お知らせ一覧

平成27年度トピックス展「里山と林業−千葉の炭焼き−」開催のお知らせ

2016.03.09

 

古来より里山で暮らす人々は、山の木を伐って炭を作ったり、小枝や落ち葉を燃料や堆肥にして、

自然とともに生活してきました。近世になると、諸都市の発展とともに炭の需要が増大する中で、

特に江戸に近い房総の地は、茶の湯の世界で名高い「佐倉炭」や良質な「久留里炭(上総炭)」の

産地として名を馳せます。燃料が石油やガスに移り変わるまで、炭は日本人の生活にとって必需品

であり、上総地方の山村では、昭和30年代まで盛んに炭焼きが行われ、人々の生活を支えてきました。

本展覧会では、県内の 炭焼きの歴史をたどるとともに、房総のむらの「炭焼き体験」の様子を通し

て、現代に受け継がれた炭焼きの技を写真やパネルで紹介します。



期 間  平成28年3月12日(土)〜6月12日(日)

会 場  千葉県立房総のむら 風土記の丘資料館第3展示室

料 金  無料 ただし、房総のむら入館料が必要

 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp