安房の農家

江戸時代後期に建てられた南房総市増間(旧安房郡三芳村)の平野家をモデルとし、伝統的な工法で再現しています。
 敷地は1,120uで、主屋・馬小屋・灰小屋の3棟で構成されています。特に主屋は、安房地方にみられる別棟造り(分棟型)と呼ばれる造りをしています。

安房の農家 全景

安房の農家 全景

安房の農家 主屋

安房の農家 主屋

 
主屋

主屋

主屋は茅葺きの別棟造りになっており、広さは185.25uです。床張りのある棟(写真手前)はキタデイ・ウワデイ・ザシキ(座敷)・カッテ(勝手)・ナンド(納戸)・シモベヤで構成され、別の棟(写真奥)に、土間のダイドコロが作られています。これらの棟はロウカと呼ばれる部分でつなげられています。

ダイドコロから見たロウカ、カッテ(勝手)

ダイドコロから見たロウカ、カッテ(勝手)

ダイドコロから見たロウカと、別棟の床のある部屋〈カッテ(勝手)〉の様子です。
なぜ床張りの部分と土間の部分を、別の棟に分けたのかについては諸説あり、現在もはっきりしません。

 
ロウカ

ロウカ

ロウカには流しがあり、水仕事が行われます。

カッテ(勝手)・ザシキ(座敷)

カッテ(勝手)・ザシキ(座敷)

カッテ(勝手)は食事をする部屋です。ザシキ(座敷)には神棚と仏壇があります。

 
ウワデイ・キタデイ

ウワデイ・キタデイ

ウワデイ・キタデイは、接客の間として使われます。

ナンド(納戸)

ナンド(納戸)

寝室として使う部屋です。長持ちなども置かれかいます。

 
シモベヤ

シモベヤ

主に、物置に使います。

馬小屋

馬小屋

馬小屋は、牛馬を飼う小屋として、また、藁や薪などいろいろなものを収納する小屋として使用されました。

 
灰小屋

灰小屋

灰小屋は、農具などを収納したり、堆肥を作る場所として使用されました。堆肥を作るために人糞などを利用したため、この小屋には便所が備え付けてあります。

 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp