上総の農家

 上総地方の代表的な名主クラスの農家を再現しています。敷地は2,500u,主屋・長屋門・土蔵・馬小屋・納屋・木小屋・作業小屋の7棟で屋敷を構成しています。
 主屋は山武郡大網白里町砂田(いさごだ)の秋葉家を伝統的な工法で再現しています。秋葉家は現存する棟札から、安政4年(1857)に建てられたとされています。
 また、長屋門などその他の建物は市原市栢橋(かやはし)の内藤家をモデルに再現しています。内藤家は、古文書・建築様式から19世紀後半の建築と考えられています。

主屋

安政4(1857)年に建築され、大網白里市砂田(いさごだ)に現存する秋葉家を再現しています。間口10間、奥行き6間(192.79u)の茅葺きの建物です。間取りは、なかのま、おく、ざしき(座敷)、なんど(納戸)、かって(勝手)の5間取りで構成されています。
また土間の上部には、中二階が設けられています。上層の家らしく、軒下に板を張る「せがい軒」となっています。

上総の農家 全景

上総の農家 全景

上総の農家 主屋

上総の農家 主屋

 
なかのま

なかのま

畳敷きになっており、おもに来客の接待に使われます。

おく

おく

家の中でもっとも格の高い部屋に当たり、おもに来客の接待に使われます。
畳敷きになっています。

 
ざしき(座敷)

ざしき(座敷)

式台に接し、あらたまった客をとおします。
大神宮の掛け軸が掛かっている押板があり、その上は神棚になっています。仏壇の上には札入れが並んでいます。

中二階

中二階

ザシキから中二階へ登ることもできます。
ここは、昔は奉公人の人が寝起きしたようです。

 
なんど(納戸)

なんど(納戸)

一番北側の暗い部屋です。
寝室として使われます。布団や枕屏風などが置かれています。

かって(勝手)

かって(勝手)

おもに食事をとるところです。床にはイロリがしつらえてあります。土間に面し、かまどで炊いたご飯もすぐに運べます。

 
土間

土間

床をはらずに地面のままになっています。
この中で雨の日などはいろいろな農作業をします。
奥には三連のかまどがあり、ご飯を炊いたりします。

 

長屋門

市原市栢橋(かやはし)に所在する内藤家をモデルに再現しました。内藤家は古文書、建築様式から19世紀後半の建築と推定されています。中央の扉口通路をはさんで、左右に板の間と土間を配置し、納屋または使用人の居室として使用しました。

長屋門 正面

長屋門 正面

長屋門 裏面

長屋門 裏面

 
土蔵

土蔵

市原市栢橋(かやはし)に所在する内藤家をモデルに再現しました。穀物や家財を収納する建物です。外壁は漆喰で塗り込めてありますが、屋根部分は置き屋根で構造的には、切り離してあります。内部は床・壁とも板張りです。

馬小屋

馬小屋

 市原市栢橋(かやはし)に所在する内藤家をモデルに再現しました。馬を飼育する部分と倉庫に分かれています。

 
納屋

納屋

市原市栢橋(かやはし)に所在する内藤家をモデルに再現しました。農作業に使用する農具を保管する建物です。内部からは、竹を縦横に組んで茅屋根を受け止める「小屋組」を見ることができます。

木小屋

木小屋

市原市栢橋(かやはし)に所在する内藤家をモデルに再現しました。燃料として使う、炭や小枝などを保管する建物です。

 
作業小屋

作業小屋

特定のモデルはなく、製作体験用の施設として利用しています。内部は板敷きで障子が入れてあります。

 
 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp