水車小屋

おまつり広場から坂を下ると、水の流れる音が聞こえてきます。谷間にたたずむように建つ水車小屋です。

水車小屋

水車小屋

江戸時代末期の水車小屋を再現しています。かつて水車小屋は全国各地にありました。房総地方にもかつて昭和初期頃まで数多くの水車小屋があったと伝えられています。 水車小屋には、搗臼だけのものと搗臼と挽臼の両方を設置しているものがあります。搗臼は穀類の精白、藁打ち、油絞り等に使われました。挽臼は、搗臼で精白した穀類を挽いて粉にするために使いました。

この水車小屋には、穀類の精白用搗臼2基を設置しています。

 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp