風土記の丘資料館
風土記の丘資料館

県内各地の遺跡から出土した考古資料を収蔵・展示しています。

第1展示室「房総の古墳と古代の寺」

第1展示室「房総の古墳と古代の寺」

県内の古墳から出土した遺物や、龍角寺をはじめとする古代寺院についての資料を展示しています。

 
展示回廊「房総半島の生い立ち」

展示回廊「房総半島の生い立ち」

県指定有形文化財の四街道市「池花南遺跡」出土の石器をはじめとする旧石器時代の石器を展示しています。

 写真は、印旛沼から発掘されたナウマンゾウ(子供)の復元骨格。ナウマンゾウは約2万年くらい前まで日本列島各地に生息していたと考えられ、旧石器時代人が狩っていたという説もあります。

 
第2展示室「原始・古代の生活」

第2展示室「原始・古代の生活」

縄文・弥生・古墳・歴史時代の人々の生活の移り変わりを、集落からの出土品を中心に展示しています。

 
 

【千葉県立房総のむら】千葉県印旛郡栄町龍角寺1028|電話 0476-95-3333|メール mura@chiba-muse.or.jp