館蔵浮世絵・屏風画紹介topへ

  名所江戸百景 利根川ばらばらまつ 
 制作 安政4年(1857)頃  縦:36.0cm   横:24.2cm 初代歌川(安藤)広重 作
<解説>
初代広重(1797年<寛政9年>〜1858年<安政5年>)は、晩年の60歳頃に、浮世絵(錦絵)のシリーズ「名所江戸百景」(全118枚)を作成しました。

このシリーズのうち「大はしあたけの夕立」「亀戸梅屋敷」などは、オランダの画家ゴッホが構図を取り入れたことで知られています。
 掲載した「利根川ばらばらまつ」も、シリーズの1枚として、川漁師の投げた投網(とあみ)がいっしゅん広がった様をとらえた大胆な構図です。
  もどる  つぎへ