教室博物館通信 山のくらしの歳時記 観察会・見学会 トップページ

dummy

房総の山のフィールド・ミュージアムについて

dummy
     中央博物館では、平成15年4月から「房総の山のフィールド・ミュージアム」プロジェクトをおこなっています。千葉県君津市南部の清和県民の森を中心に房総丘陵全域をフィールドとして展開する、山の自然や文化そのものを“資料”や“展示物”と考える、建物のない新しい形の博物館活動です。
   このプロジェクトは、多くの人が房総丘陵の豊かな自然やその自然によって育まれてきた文化に触れ、学び、楽しむための場を作ることを目的としています。

   現在のところ以下のような活動をおこなっています。
 
    ●  観察会・見学会 (詳しくはこちらをご覧下さい)
dummy    房総の山の自然を題材とした観察会や見学会を計画・実施しています。清和県民の森や君津亀山少年自然の家と共催したものや公民館活動に講師として協力したものもあります。 dummy
    ●  三島小教室博物館 (詳しくはこちらをご覧下さい)
dummy    毎週金曜日に三島小学校の余裕教室をお借りして、資料の収集・展示や子どもたちや地域の方々との交流をおこなっています。 dummy
    ●  自然や民俗に関する調査研究、資料収集・整理保存
dummy    房総の山の自然誌、歴史、民俗に関する調査をおこなっています。また、資料を収集し、その整理保存をおこなっています。調査や資料の収集には三島小の子どもたちをはじめ、地域の方々にご協力いただいています。 dummy
    ●  ニュースレター発行、 ホームページ運営など
dummy    房総の山の自然や文化、また房総の山のフィールド・ミュージアムについて広く知っていただくため、ニュースレター「しいむじな」の発行(年4回)やホームページの運営をしています。また、ホームページと連動したメールマガジン「しいむじなメール」を発行(月1回)しています。 dummy

教室博物館通信 山のくらしの歳時記 観察会・見学会 トップページ