千葉県立房総のむらトップ 千葉県立博物館デジタルミュージアム
ニュースな絵葉書 庚戌(明治43年)の大洪水 大正12年関東大震災 明治44年吉原大火災
絵葉書ブーム到来!
我が国の絵葉書の歴史(ブーム到来まで)
明治 6(1873)年 通常葉書発行 (我が国初の官製はがき)
明治33(1900)年 郵便法公布 (私製葉書使用認可)絵葉書の始まり
明治35(1902)年 最初の官製絵葉書発行
「万国郵便連合加盟25年祝典記念絵葉書」 6種1組を定価5銭で販売
明治37(1904)年 日露戦争勃発
戦地からの兵士の便り 『軍事郵便』
戦争従軍記者による戦地状況の撮影をもとに、逓信省(現郵政公社)による日露戦争記念官製絵葉書。第1回(6種1組、定価12銭)~第12回まで発売。
明治39(1906)年 日露戦争戦勝ムードで上記の記念絵葉書が大流行。
特に、この年4月29日発行の「陸軍凱旋観兵式記念」シリーズの人気はものすごく、江戸橋郵便局(現東京都中央郵便局)は発売日の夜明け前から市民が押し寄せ、死者まで出す騒ぎとなった。これ以降、官製絵葉書以外の絵葉書もさかんに作られるようになった。
明治40(1907)年 郵便法の改正
 (郵便絵葉書の宛名面下部(1/3以内)に通信文記載認可)
これらは、宛名面で絵葉書のおおよその年代を判断できる基準のひとつ。
大正 7(1918)年   〃  (宛名面通信文の記載範囲が1/3から1/2に拡大)
昭和 8(1933)年   〃  (宛名面上部の「郵便はかき」を「郵便はがき」に)
Copyright (C) 2005 Chiba Prefectual Boso no Mura Museum All Rights Reserved.
当ホームページに掲載されている内容の無断複製使用は、著作権法で禁じられています