2 中世の関宿


 中世の関東地方は広い平野部に今よりも複雑に川の流れが入り組む地形でした。特に関宿周辺は関東平野の中心の川が交錯する地点にあたり、船を使った河川交通の要所でした。  
 戦国時代には、「古河公方」の家臣、簗田氏が関宿に城を設けましたが、この地をめぐって上杉謙信、武田信玄、北条氏綱など戦国の雄が争いを繰り広げました。
 これは、川が交通手段であるとともに戦略・防衛の手段としても極めて重要であったためです。

 
戦国期の関東地方