4 近現代の関宿


 明治時代に入ると近代化・機械化がすすんでいきます。利根川水系には明治10年に蒸気船「通運丸」が就航しました。 しかしその一方で鉄道や道路といった陸上交通網がしだいに整備され、河川交通は次第に衰退していきました。
 そうしたなか、利根川の治水工事は、水運よりも洪水対策が優先されるようになります。 利根川流域では明治43年の大洪水、そして昭和22年のカスリーン台風などで甚大な被害を受けています。
 昭和初期頃までの治水工事は、機械と人力の両方を駆使し、地元の住民の重要な現金収入源ともなりました。女達も歌に合わせて堤防を棒で突き固める「土羽打ち」などに従事しました。
 
中渡築堤築立図(利根川上流事務所提供)
(女性による「土羽打ち」作業の後ろに土を運ぶ蒸気機関車が見える)