3 近世の関宿


 江戸時代はじめ、徳川家康が江戸に入府して以来、関東の川は数度の大工事を経て、ほぼ現在のような流れに整いました。東京湾に注いでいた利根川(現在の墨田川の流れ)も東へ遷されて銚子から外海に注ぐようになりました。
 新しい利根川の流れは関宿で江戸川に連結しており、北海道や東北の物資を江戸の町に運ぶ際の重要な交通ルートとなりました。ここで活躍したのが大型の川船「高瀬船」です。
 このルートを使う船は必ず関宿を通らねばならなかったので、ここには「水関所」が設けられました。関宿の地は船頭さんや商人、旅人、そして多くの物資が行き交い大変なにぎわいだったのです。
 
「諸国勝景下総利根川之図」歌川広重画