房総の山のフィールド・ミュージアムについて

 中央博物館では、平成15(2003)年4月から「房総の山のフィールド・ミュージアム」プロジェクトを実施しています。このプロジェクトは房総丘陵全域をフィールドとし、山の自然や文化そのものを“資料”や“展示物”と考える、建物のない博物館活動です。多くの人が房総丘陵の豊かな自然や文化に触れ、学び、楽しむための場を作ることを目的として、以下のような活動をしています。

● 観察会

 房総の山の自然を題材とした観察会を実施しています。現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、観察会の実施を見合わせています。

● 調査研究、資料収集

 房総の山の自然、文化に関する調査研究を行っています。また、資料の収集を行っています。多くの地域の方々にもご協力いただいています。

● 三島小教室博物館

 旧君津市立三島小学校の木造校舎で毎月第2、第4金曜日の11:00〜16:30に開館しています。三島小教室博物館は、平成15年度に君津市立三島小学校の余裕教室をお借りして房総の山に関する調査研究、資料収集、県民の方々との交流の拠点として開館しました。令和元年度末をもって旧三島小学校は移転統合となりましたが、三島小教室博物館は継続しています。(詳しくはこちらをご覧下さい)

● ニュースレター、メールマガジン

 房総の山のフィールド・ミュージアムの活動について広く知っていただくため、ニュースレター『しいむじな』の発行(年4回)、メールマガジン『しいむじなメール』を発行(月1回)しています。